鍵を紛失したらカギ紛失naviにお任せ!|鍵穴にシリコンスプレーは悪循環……正しい対処法とメンテナンスとは

*

カギ紛失navi

年間15,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-953

フリーダイヤル0120-949-953

最新情報・レポート

鍵交換・鍵の紛失:8000円~|カギ紛失naviのコラム記事ページです

鍵穴にシリコンスプレーは悪循環……正しい対処法とメンテナンスとは

金属部品の動きをよくするために使われる「シリコンスプレー」ですが、鍵の不調の場合には使用するとさらに悪化することがあります。鍵穴内部のゴミと一緒にスプレーの成分が固まってしまうことがあるからです。シリコンスプレーを使って、鍵の滑りをよくしようとしているのであれば、それはやめておきましょう。

鍵の不調があるときの原因は、潤滑油切れや汚れの蓄積、寿命であることがほとんどです。正しい対処法で不調を解消しましょう。

このコラムでは、シリコンスプレーを使ってはいけない理由と、鍵の不調の原因と対処法について解説しています。鍵のトラブルでお困りでしたらぜひご活用ください。

鍵穴にシリコンスプレーは悪循環!やってはいけない対処法

鍵穴にシリコンスプレーは使ってはいけません。シリコンスプレーは潤滑剤として使われるため、鍵穴にも効きそうですが、逆効果となってしまうこともあるのです。まずはシリコンスプレーがダメな理由と、スプレーを使う以外の鍵が回りにくいときにやってはいけない対処法について、ご紹介します。

鍵穴にシリコンスプレーがダメな理由

シリコンスプレーは金属部品の動きをよくしたり、引き戸の滑りをよくしたりするのに使われます。そのため一見、鍵穴にも効果がありそうです。

たしかに、散布したばかりのときには滑りがよくなります。しかし、鍵穴に入ったスプレーの成分にゴミや汚れが付いて固まると、詰まりをおこす原因になることがあるのです。鍵が回りにくいからといってシリコンスプレーを使うのは故障の原因となるのでやめておきましょう。

無理やり鍵を動かそうとする

不具合が起きて抜き差しや回りが悪いときに、無理やり動かすことは控えましょう。無理な力が加わると、鍵穴に刺さったまま折れてしまうかもしれません。

もし鍵穴や鍵が破損してしまうと、交換のための工事が必要になります。何か異常を感じたときには、無理やり動かさないようにしましょう。

鍵穴に異物を差す

鍵以外のものを錠に差し込むと内部が壊れたり、差したものの破片が残ったりします。たとえば、修理しようとしてつまようじや針金を差し込むと、つまようじの破片が内部で引っかかったり、針金が鍵穴の部品を傷つけたりしてしまいます。

鍵穴の内部は小さな部品が集まって成り立っているので、想定外のものが入ると簡単に壊れるおそれがあるのです。くれぐれも異物を差し込まないようにしましょう。

鍵・鍵穴の不調でよくある症状と原因

ドアの鍵を交換しよう

症状と原因を理解しておけば、対処法がわかります。また、原因がわかれば予防するヒントにもなります。鍵・鍵穴にはどんな不調が起こるのか、そしてその原因が何なのかを確認しましょう。

鍵の調子が悪いときの症状

調子の悪さは、鍵を挿したり回したりしたときに現れます。動きが途中で止まったり、動かすのにいつも以上に力が必要だったりするときは、何か異常があると考えましょう。

また、動かしたときに擦れるような音や、普段とは違う音がするというのも、調子が悪いときの症状のひとつだといえます。

さらに、鍵が抜けなくなってしまったり、鍵穴の中で折れてしまったりすることもあります。

【原因1】鍵穴の潤滑油が不足している

潤滑油が減ると、部品どうしが強く擦れあうようになり、動きが悪くなります。擦れあう部品がすり減ってしまうことや、滑りが悪くて動かなくなってしまうなどは、潤滑油不足が原因です。また、油分がなくなると部品がさびやすくもなってしまいます。

【原因2】鍵穴・鍵に汚れがたまっている

汚れがたまると、解錠も施錠もうまくおこなえなくなります。ホコリや細かい砂でも、潤滑油などと絡まって固形になると、部品のかみ合わせが悪くなり、鍵の開け閉めの妨げになるのです。

また、鍵の板が汚れによって本来の形ではなくなっていることもあります。具体的にはペンキや接着剤が鍵の板の切れ込みや凹凸の上で固まると、鍵穴と形が合わなくなって使えなくなります。

【原因3】鍵穴・鍵が壊れている

当然かもしれませんが、鍵は壊れていれば正常には開け閉めができません。故障の原因は、鍵穴の内部にあったり、差し込むほうの鍵が欠けていたりと、さまざまです。

鍵の耐久年数は10年ということが、鍵メーカーの団体である「日本ロック工業会」からも周知されています。耐久年数を過ぎた鍵は、とくに破損の可能性が高いといっていいでしょう。調子が悪くなってから修理や交換をおこなう場合が多い鍵ですが、鍵も使い続けていれば部品が消耗していく道具なのです。ほかの多くの道具と同じように、鍵にも定期的な交換が必要だということも覚えておくとよいでしょう。

正しい対処法を実践すれば予防にもつながる!

鍵の調子が悪くなったときの対処法をご紹介します。この方法を試すことで、鍵が動かないなどの不調を改善できることがあります。簡単なものもあるので実践してみてください。

また、この方法は以上を未然に防ぐための予防にもなります。点検作業として、施してみるのもよいでしょう。

鍵穴用のスプレーを吹きかける

鍵穴専用のスプレーというものがあります。チューブを使って鍵穴に噴射するタイプのもので、潤滑剤などが配合されています。鍵メーカーが生産しているものを使うとよいでしょう。ホームセンターなどで市販されています。わからなければ店員さんに尋ねましょう。

鉛筆の黒鉛をまぶす

鉛筆の黒い炭の部分は黒鉛という物質を含んでいて、これが金属にくっつくと潤滑剤の役割を果たします。「B」以上の濃さの鉛筆を用意して、これでキーの差し込む板の部分を黒く塗りましょう。この状態で差し込んで回すと、うまく回ることがあります。

エアダスターや掃除機で鍵穴を掃除する

空気を吸引、あるいは勢いよく噴射することで、中のゴミを取り除きます。エアダスターは100円ショップやホームセンターなどで手に入る缶のものが、手軽に手に入ってよいでしょう。掃除機はヘッドを外して鍵穴に密着させて吸い込みます。

歯ブラシで鍵を掃除する

鍵の差し込む板の部分が汚れているときなどは、歯ブラシなどを使って掃除してみましょう。丸いくぼみが付いているタイプの手入れにはとくにブラシ系のものが役立ちます。

対処法を試しても調子が悪いときは

これまでのことを試したうえで、まだよくならない場合もあることでしょう。つまっているものが大きい場合や、鍵自体が故障している場合などは、本格的に修理をする必要があります。鍵の故障で困ったら、業者に依頼すると修理や交換の適切な処置をしてもらえるでしょう。

ここからは、鍵の修理の業者に関して、依頼するメリットや選び方の解説をしていきます。また、弊社では業者紹介のお電話相談を受け付けています。すぐに業者を見つけたい場合は、無料相談ダイヤルまでお問い合わせください。

鍵のつくりは繊細!業者に対応を依頼するのが安心

合鍵を作成するときはココに注意!

鍵穴の内部構造は精密で、非常に細かい凹凸(おうとつ)であっても開錠に影響します。修理や交換はこのような精密な機器を扱う作業なので、知識と技術のある業者スタッフによる対処が望ましいです。修理を依頼するときの注意点と、業者のメリットや費用などをみていきましょう。

マンション・アパートの場合は管理者に相談を

賃貸でマンションやアパートなどを借りている場合は、交換する前に必ず管理者に連絡しましょう。賃貸では玄関の鍵は貸し主側の財産です。これを取り替えたいときは、壊れたときや防犯強化のためなどを含め、まず管理者への相談が必須です。

業者に対応を依頼するメリット

業者のスタッフは、鍵に関してさまざまな事例に携わってきた人たちです。自分でする修理や交換は、経験を積んだ人でない限りは常に「失敗する」という可能性がつきまといます。

業者に依頼すれば、そういった不安は払しょくされます。「確実に直す」「確実に交換する」ことができる、信頼度の高いサービスが受けられるのが、業者に依頼する最大のメリットなのです。

ケース別・業者に依頼するといくらかかる?

業者に依頼するときの費用は、依頼する作業によって変わります。サービスを受けるにあたって、値段は気になるところなので、チェックしておいてください。ここでは、主に家の玄関鍵に関して「開錠」「修理」「交換」の3パターンの費用がどのくらいかを紹介します。

■解錠の場合:およそ6,800円~

開錠作業は、鍵を紛失したときや、何らかの理由で鍵を閉じ込めてしまった場合におこないます。6,000円強から受け付けている業者が多いです。防犯性の高いディンプル錠などは開けるのが難しく、ほかと比較して費用が高いことがあります。

■修理する場合:およそ6,000円~

修理のなかにも複数のケースがあります。抜けなくなったり折れてしまったりしたときは、鍵を鍵穴から抜く「カギ抜き」をおこないます。異物が入っている場合は、これを取り除きます。

■交換する場合:およそ10,000円~

交換作業はほかの作業とは違い、新しい鍵穴のぶんの材料費がかかります。そのため、ここでは10,000円からとして紹介していますが、実際には値段には大きな幅があるでしょう。ちなみに鍵穴の値段としては、防犯性の高いタイプでも、一般的には10,000円以内で販売されています。

業者はスピード・サービス・料金で見極めよう!

鍵の交換業者に求めたいものは何かということを考えると、「スピード」ではないでしょうか。もちろん業者に求めるものはケースバイケースでさまざまです。しかし、鍵は防犯のかなめで、早く直さないと不安な場所だということを考えると、対応のスピードは重要なポイントといえるでしょう。

また、サービス内容や料金に関しても、事前に詳しくわかれば業者の比較に役立ちます。サービス内容は口コミを参考にするとよいです。料金に関しては、見積りを事前にとることができれば、正確な費用を知ることができます。業者探しのときは、この3点をベースに見極めてください。

業者探しは弊社がサポートいたします。無料の相談窓口で、必要な作業内容をお聞かせいただければ、迅速に対応できる弊社加盟店をご紹介します。加盟店による現地調査・見積りは無料で、見積りまでならキャンセル料もいただきませんので、気軽にご利用ください。

まとめ

この記事では、鍵がうまく開け閉めできないときに、シリコンスプレーを使ってはいけないことについてご紹介しました。シリコンスプレーは、金属同士の動きをよくするために使われる便利な道具ですが、鍵の不調を改善する効果はありません。使用すれば逆効果になってしまい、状況が悪化してしまうおそれがあるため、使わないようにしましょう。

鍵の不調を改善するときには、鍵穴専用の潤滑剤を使用してください。潤滑剤が手元になく、すぐに買いにいけない場合では、鉛筆の先端部分の黒鉛を差し込む前にまぶすことで事態が改善することもあります。また、異物が鍵穴につまっている場合は、掃除機で吸引してみましょう。針金やつまようじを差し込んで取り出そうとは、絶対にしないでください。針金やつまようじが鍵穴内部を傷つけたり、折れて内部に残ってしまうおそれがあります。

もし潤滑剤や鉛筆など、掃除機など事態を改善する術が手元にないときは、鍵業者に連絡しましょう。鍵業者の多くは24時間トラブルに対応しています。「急に鍵が回らなくなった!」「鍵が開けられない!」といった緊急性の高いトラブルでも、鍵業者であればすぐに解決してくれます。

評価はまだありません。
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。

※当サイトの表記価格は全て税抜き価格です。
別途消費税がかかります。