鍵を紛失したらカギ紛失naviにお任せ!|鍵穴が固い……鍵が回らなくなったときの対処法をご紹介します!

*

カギ紛失navi

年間15,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-953

フリーダイヤル0120-949-953

最新情報・レポート

鍵交換・鍵の紛失:8000円~|カギ紛失naviのコラム記事ページです

鍵穴が固い……鍵が回らなくなったときの対処法をご紹介します!

鍵穴が固い……鍵が回らなくなったときの対処法をご紹介します!

 

いつもどおり玄関の鍵を開けようとしたときに、「鍵穴が固くて鍵が差しにくい…」と思ったことはありませんか?「とりあえず無理矢理差し込めば回せるから、まあいいか」と放置しておくのは危険です。固い鍵穴を放置しておくと、鍵が入らなくなってしまったり、入っても回らなくなってしまったりするかもしれません。

そこで今回は鍵穴が固くなってしまったときにどうすればよいのか、対処法をまとめてみました。今まさに鍵穴が固くて困っている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

 

 

鍵穴が固い原因がどこにあるのかを調べよう

「鍵穴が固い!」と感じたら、まずは原因を調べましょう。どこに原因があるのかを理解することによって、対処法も変わってくるからです。ここでは、どこに原因があるのかが簡単にわかる方法をご紹介します。

予備の鍵を使って原因を確認してみよう

家の鍵の場合、予備の鍵(スペアキー)をお持ちの方も多いでしょう。同居する人がいればなおさらです。もし予備の鍵を手元に用意できるのであれば、まずはそれを鍵穴に入れて、回してみましょう。これにより、鍵穴を固く感じる原因が、鍵側にあるのか、シリンダー側にあるのかがわかる可能性があります。

 

予備の鍵だと簡単にまわる場合

予備の鍵を入れて回したときに、簡単に回るようであれば、シリンダー側に問題はないということになります。つまり、最初に入れた鍵側になんらかの傷や凹みなどの不具合が生じているということです。この場合、じつは自力で解決できることがあります。

もちろん、鍵屋に修理に出して修復してもらうのが一番ですが、緊急性を要する場合や修理費用を捻出できない場合などは、自力で解決する方法に挑戦してみてもよいでしょう。この方法については、次の章でご紹介します。

 

予備の鍵でも固い場合

予備の鍵を入れて回したときに、やはり最初に入れた鍵と同様に鍵穴を固く感じるようであれば、鍵側ではなくシリンダー側に問題がある可能性が高いです。シリンダーの中で、部品がズレてしまっていたり、汚れがたまっていたりすることによって鍵が回りづらくなっているのかもしれません。

この場合、シリンダー修理に慣れている方であれば、ネジなどを外してシリンダーを分解し、内部を確認することも可能です。しかし、元に戻せなくなってしまうおそれもありますので、鍵屋を呼んで修理を依頼したほうがよいでしょう。

 

シリンダーが壊れていないなら、鍵穴が固いのは「鉛筆」で解決できるかも?

シリンダーが壊れていないなら、鍵穴が固いのは「鉛筆」で解決できるかも?

 

鍵穴を固く感じる原因がシリンダーの内部にあった場合、なかなか自力での修復は難しいのですが、原因が鍵側にあった場合は、自力で改善できることがあります。その方法に使用するのは、「鉛筆」です。ここでは鉛筆を使って鍵穴の固さを改善する方法についてご紹介したいと思います。

どうして鉛筆の粉で鍵穴の固さを解決できるの?

じつは鉛筆に使用されている「黒鉛」は、優れた柔軟性と潤滑性を持つことから、潤滑剤にも使用されることがある素材です。その機能を利用したのが、今回ご紹介する鉛筆による鍵穴の改善です。なお使用する鉛筆は、B以上の柔らかいものが望ましいでしょう。

 

鉛筆で鍵穴の固さを解決する方法

まずは鉛筆を用意し、カッターなどを使って黒鉛を削り取ります。削った黒鉛は、ティッシュなどのうえにためておきましょう。

十分な量を削り取ることができたら、粉末状になった黒鉛を、鍵の凹凸部分にふりかけます。全体的にふりかけたら、軽くはたいて余分な粉を落とし、そのまま鍵穴に差しこんでみてください。

鍵穴にスムーズに入り、違和感なく回すことができたら、効果があったということです。作業が終わったら、鍵に付着した黒鉛はティッシュなどでふき取っておくとよいでしょう。

 

鍵穴用潤滑剤を使用して解決することもできる!

鍵穴専用の潤滑剤を使用することで、鍵穴の固さを解決する方法もあります。油分の含まれる一般の潤滑剤を使用してしまうと逆効果なのですが、鍵穴専用の潤滑剤は油分が含まれていないため、安心して使用することができます。

鍵穴用潤滑剤はスプレー状になっているので、鍵穴めがけて噴射します。その後鍵を差しこんでみて、固くなくなっていれば成功です。

 

鍵穴が固いのでドアが開かない…でもこんな対処方法はNG!

鍵穴が固いのでドアが開かない…でもこんな対処方法はNG!

 

鍵穴が固くてドアが開かないと、つい無理矢理こじあけようとしてしまうことがあります。しかし適当な方法で開けようとすると、逆に鍵穴が壊れてしまうことも。ここでは、鍵穴の不調を直すために絶対にやってはいけないNG行動についてご紹介したいと思います。

つまようじや針金でいじくりまわすのはNG!

鍵穴が固いと、「何か詰まっているのかな?」と思い、つまようじや針金などで鍵穴をガリガリいじってしまう方がいるかもしれません。

しかしこの行動は絶対にNGです。鍵穴の固さはこんなことでは改善しないですし、また最悪の場合、鍵穴の中でつまようじや針金が折れてしまって、取り出せなくなってしまうこともあるのです。

 

強引に回そうとするのもNG!

鍵というのは意外にもろいものです。鍵穴が固いのに強引に回そうとすると、鍵穴の中で鍵が折れてしまうこともあります。そうならないように、決して力任せに鍵を開けようとしてはいけません。

 

油や万能潤滑剤を使うのはもっとNG!

油や、鍵用ではない潤滑剤も使用してはいけません。使用すると一時的には滑りがよくなるかもしれません。しかしその後、細かい塵やほこりが鍵穴に侵入し油に付着すると、さらに鍵穴が固くなってしまうことがあるのです。

油は絶対に使用しないようにしましょう。潤滑剤を使う場合は、鍵穴専用の潤滑剤のみを使用するようにしてください。

 

鉛筆や鍵穴用潤滑剤を使用しても直らなかったら…すぐに業者に依頼しよう

ここまでご紹介してきたとおり、鍵穴が固くて回らなくても、鉛筆や鍵穴用潤滑剤を使えば自力で直すことが可能です。しかし、それでも直らない場合もあれば、時間がなくて道具を用意できない場合もあるでしょう。そんなときは、迷わず業者に修理を依頼することをおすすめします。

鍵が劣化してしまっていることもある

鍵は毎日使うものですから、当然、劣化します。日々使用する中でだんだん鍵が削れてしまい、鍵穴が固くなってしまったのかもしれません。

その場合は、いくら鉛筆や鍵穴用潤滑剤を使用しても完全には直りません。鍵屋を呼んで、修理をしてもらいましょう。これを機に、最新型のハイテク鍵に交換してもらうのもよいかもしれません。

ただし、賃貸住宅にお住まいの方がシリンダー側の修理や交換を依頼する場合は、管理会社などに一度確認を取ってからおこなうようにしたほうがよいでしょう。

 

よりよい業者を見つけるために、相見積りを取ろう

業者に依頼する場合は、少しでも安く、少しでも腕のよい業者に頼みたいですよね。よりよい業者を見つけるためには、相見積りを取ることが大切です。

複数の業者から見積りを提示してもらい、修理の方法や内容、金額などを比較するようにしましょう。そうすることで、費用相場なども見えてきますので、適正な価格帯の業者を選びやすくなります。

また、ネットに業者の口コミがあればそちらの内容を参考にしてみてもよいでしょう。

 

まとめ

今回は、鍵穴が固く感じたときの解決方法についてご紹介してきました。鉛筆の黒鉛を利用して解決できるというのは、意外だったのではないでしょうか?もし固い鍵穴に出くわしたときは、ぜひこの方法に挑戦してみてくださいね。

鍵は毎日使うものですが、意外に壊れやすいものです。いつ使えなくなるかわかりません。いざというときのために、事前によさそうな業者に目星をつけておくこともおすすめします。

評価はまだありません。
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。

※当サイトの表記価格は全て税抜き価格です。
別途消費税がかかります。