鍵を紛失したらカギ紛失naviにお任せ!|会社の鍵をなくしたら、どうしたらいい?そんなときの対処法をご紹介

*

カギ紛失navi

年間15,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-953

フリーダイヤル0120-949-953

最新情報・レポート

鍵交換・鍵の紛失:8400円~|カギ紛失naviのコラム記事ページです

会社の鍵をなくしたら、どうしたらいい?そんなときの対処法をご紹介

会社の鍵をなくしたら、どうしたらいい?そんなときの対処法をご紹介

 

「会社の鍵をなくした……!」ついうっかりミスで会社の鍵をなくしてしまうということは、会社組織としてはあってはならないこと。しかし、忙しい毎日を送っているビジネスパーソンには起こり得ることです。

会社の鍵をなくすというのは、自宅の鍵をなくすのとは違って、会社という組織全体に影響を及ぼす問題となります。しかしなくしてしまったものは、もはや仕方がありません。私たちにできることは、その後の最善をつくして対応することです。会社の鍵をなくしてしまうトラブルが起こったとき、私たちはどう対処すべきなのでしょうか。

会社の鍵をなくしたという方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

 

会社の鍵をなくした!どうすればいい?

会社の鍵をなくしたと分かったら、あたふたしてしまうかもしれません。しかし、一旦落ち着いて、やるべきことを整理しましょう。

まずは報告する

まずは会社に報告をしておきましょう。失くした鍵が、悪意ある第三者の手に渡っていないとも限りません。防犯上のリスクもありますので、許可もなく自分で勝手に複製するのも厳禁です。

警察に届け出が出ているかも

もしかしたら、鍵を見つけた人が警察に届け出を出しているかもしれません。日本は海外に比べて比較的治安も良く、財布や鍵などを落としても心配した人が交番に届け出ていることがあります。お近くの交番まで問い合わせてみるとよいでしょう。直接交番に出向く場合は確認がスムーズにいくように、身分証明書と印鑑を忘れずに持っていきましょう。

思い当たる場所を探してみる

会社や警察に報告をしたら、始めに焦っていた気持ちが少しは落ち着いてくるはずです。一息ついて、鍵をなくした日の1日のご自分の行動を振り返ってみましょう。その日に立ち寄った場所やご自分が思い当たる場所を、今1度確認します。

普段鍵をしまいがちなカバンやポケットの中は、当然探しておくべきです。また電車やバスなどの交通機関を使用していたら、ポケットから落としてしまったということもあり得ます。その日に使用した交通機関に問い合わせることも、忘れずにしましょう。

 

管理者かそうでないかで対応も異なる

管理者かそうでないかで対応も異なる

 

あなたが管理者かそうでないかで、会社の鍵をなくした後の対応の仕方も変わってきます。

 

あなたが管理者ではない場合

あなたが管理者ではない場合、鍵をなくしてしまったということをできるだけ早く上司に報告する必要があります。まずクビになるようなことはありませんので、素直に鍵をなくした事実を伝えましょう。その際に、反省の態度を示すことはもちろん大切です。

管理者は、あなたから報告を受けたら、防犯上の対策を取らねばならなくなります。第三者に鍵が渡っているという可能性もゼロではありません。会社の鍵を悪用されてしまってからでは、事態がどんどん悪くなってしまいます。早めに上司に報告することが、肝心となります。

あなたが管理者の場合

あなたが管理者の場合、まず事態を会社の社長に報告し、新しく鍵を作ってよいかどうかの確認をしましょう。承諾をもらえたら、すぐに鍵の業者に連絡をして新しい鍵を作ることです。

ただし、鍵を見つけた人が届けてくれている可能性も、ゼロではありません。警察に届け出を出しているかどうか、忘れずに鍵を失くした従業員に確認しましょう。

 

会社の鍵をなくしたら、どんな処分を受けるの?

会社の鍵をなくすようなことは、そうそう頻繁にはないですよね。人間は経験のない事態に出くわすと、悪い想像が膨らみがちになります。会社の鍵をなくしてしまったら、どんな処分を受けるのかと想像すると、やはり怖くなってしまうものです。ここでは、会社の鍵をなくしたときに、どのような処分を受けることがあるのか、具体的にお伝えしていきます。

会社をクビになることはない!

会社の鍵をなくしたからといって、すぐ会社をクビになるというようなことはありません。例えばご自分のロッカーなど個人で使っている場所の鍵ならば、2度となくさないように注意をされる程度でしょう。

会社の通用口や金庫など、会社全体で利用したり会社の営業に直接関わっていたりするような鍵をなくしても、口頭や文書で注意を呼び掛ける訓告処分で済む場合が多いものです。会社の鍵をなくしたからといって、すぐクビになるようなことはないので、安心してください。

クビになるようなことはないのですから、決して会社への報告を怠ってはいけません。勝手に鍵を複製するなどの行為を行えば、鍵をなくしたことを隠したと捉えられ、余計に会社での信用をなくしてしまいます。

損害賠償しないとダメ?

鍵をなくしてしまったときは、防犯上の理由から、鍵の業者に依頼して鍵穴自体を交換してもらわなければなりません。会社に鍵の交換代については、なくした人が支払わなければならないケースが多いといわれています。

防犯性の高い鍵になればなるほど、費用も高くなる傾向があるので、ご自分の負担も大きくなってしまいます。もし会社の鍵をなくしたら、これからは鍵をなくさないように十分気をつけなければなりません。

始末書ってどう書くの?

始末書とは、仕事上で何かトラブルがあった際、その報告と反省を示す文書のことです。始末書というものは、会社勤めをしていてもそうそう何度も書くものではありません。そのため始末書の書き方を知らない、という方も多くいらっしゃることでしょう。ここからは意外と知られていない、始末書の書き方をご紹介します。

書くときのポイントですが、まずトラブルの全容を書き示します。そして反省の気持ちを素直に示しましょう。「深く反省を致しております。」などという言葉を使い、トラブルを起こしてしまったことに対する反省の意を添えます。

反省を示したら、2度とこのようなトラブルを起こさないためにどのように改善していくのか、具体的に書き示しましょう。改善策を示すことで、再発を防ぐことにもなりますし、反省していることがより明確に伝わります。

どうしても自分で文章を作るのが苦手という方は、インターネットで始末書のサンプルを調べてみましょう。始末書の書式や例文のサンプルを、簡単に知ることができます。始末書を書くというのも、大事な仕事の1つです。反省のお気持ちを、きちんと文章化しましょう。

 

会社の鍵がなくなったとき、会社の対応は?

会社の鍵がなくなったとき、会社の対応は?

 

会社の鍵がなくなったとあれば、会社にとっては一大事です。そのようなトラブルに見舞われたときは、何よりも早い対応が求められます。

 

警備会社などに連絡する

会社の鍵がなくなったときは、鍵が第三者に渡っている可能性も考えられます。管理している警備会社に連絡をしておきましょう。

防犯対策のために、鍵交換を

悪意のある第三者に、会社の鍵が渡っている可能性もあります。防犯対策のためにも欠かせないのは、鍵の業者に依頼をして鍵の交換をしておくことです。

鍵の業者は24時間365日対応のところもあり、緊急の事態でもすぐに対応してくれます。会社の場合、指定の鍵業者があればそちらに依頼しましょう。指定の業者がない場合は、複数の業者から見積りを取ると、良い業者が見つかる可能性が高くなります。

 

まとめ

会社の鍵をなくしてしまうと、どうしてよいか焦ってしまうかもしれません。しかし、そんなときこそ落ち着いて行動を振り返り、なくした場所を思い浮かべてみましょう。

そしてどうしても出てこない場合は迷わず会社に早めに報告することです。警察に届け出を出すことも忘れずに。

会社の鍵をなくしたときに大事なのは、なくしたと分かった後の対処の仕方です。決して自己判断だけで解決しようとせず、上司や社長の判断を仰ぎましょう。会社の鍵をなくしてお困りの方の、少しでもお役に立てれば幸いです。

評価はまだありません。
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。