鍵を紛失したらカギ紛失naviにお任せ!|ドアの鍵を交換は自分でもできる!防犯性が高いおすすめの鍵をご紹介

*

カギ紛失navi

年間15,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-953

フリーダイヤル0120-949-953

最新情報・レポート

鍵交換・鍵の紛失:8400円~|カギ紛失naviのコラム記事ページです

ドアの鍵を交換は自分でもできる!防犯性が高いおすすめの鍵をご紹介

ドアの鍵を交換は自分でもできる!防犯性が高いおすすめの鍵をご紹介

 

みなさんのご自宅の鍵は、どのような形をしていますか?ギザギザがあるもの、丸い凹みがあるもの……様々な形があると思います。もし鍵の形が古いものでしたら、空き巣に入られてしまうことも考えられます。

 

空き巣がよく使う手段として、ピッキングという技術があります。ピッキングとは、鍵を使わないで錠のシリンダー部分を操作し、開錠をするテクニックの1つです。短時間で犯行が行え、道具も小さくて済むため、過去にピッキング犯罪が多発しました。その結果、防犯性の高い鍵に変える家が増え、ピッキング自体は減ったのです。

 

しかし空き巣の開錠技術が上がってきたことにより、空き巣犯罪自体はなかなか減りませんでした。そのため、鍵はより防犯性の高いものに改良されてきました。今の時代DIYの普及により、防犯性の高い鍵も自分で交換することが可能です。

 

今回は防犯性の高い鍵にはどのようなものがあるのか、また交換の仕方についても詳しく見ていきましょう。

 

 

ドアの鍵にはどんなものがある?

ドアの鍵には、古くから使われてきたものや最近になって普及し始めたもの、様々な種類があります。

 

ディスクシリンダー錠

「ディスクシリンダー錠」は、昔からマンションや戸建て住宅の多くで使われており、鍵の両側に複数のギザギザがついています。鍵穴の金属板が、ギザギザに沿ってスライドすることで鍵穴内の円盤(ディスク)が回転して解錠するものです。鍵穴から錠を解除するシリンダーに容易に接触ができるので、ピッキングに弱いといわれ、現在では廃盤となっています。

 

ロータリーディスクシリンダー錠

「ロータリーディスクシリンダー錠」は、鍵をシリンダーに入れると金属板のロータリーディスクが回り解錠します。「ディスクシリンダー錠」の改良版といえます。「ディスクシリンダー錠」よりは防犯性が高くなったとはいうものの、ピッキングにより数分で簡単に解錠されてしまいます。

 

ピンシリンダー錠

「ピンシリンダー錠」は、鍵の片側だけにギザギザがあります。シリンダー内には「ピンタンブラー」というピン型の障害物が一直線に並んでおり、シリンダー(鍵穴)を回らなくさせるため、やや防犯性が高くなります。しかし構造が単純であることから、ピッキングしやすいといわれています。

 

ディンプルシリンダー錠

「ディンプルシリンダー錠」は、鍵の表面に小さな凹みがいくつかあります。従来の鍵は、シリンダー内に上下にしかピンがありませんでした。しかし「ディンプルシリンダー錠」は、横や斜めにもピンがあるため、ピッキングしにくい鍵といわれています。

 

マグネットタンブラーシリンダー錠

「マグネットタンブラーシリンダー錠」は、四角い棒のような形をしています。通常の鍵だと、鍵の凹みの部分にシリンダー内のピンが入りこむ形で解錠するのですが、こちらの鍵は、ピンではなく磁石により鍵のシリンダーのピンを動かして解錠するものです。ピッキングによる鍵穴から操作が不可能となるため、現在ある鍵の中でも非常に防犯性が高い鍵といわれています。

 

キーレスロック錠

鍵ではなく、暗証番号の入力により解錠するものです。鍵をなくすなどの心配がありません。暗証番号さえ覚えていれば安心です。防犯性は非常に高いといわれています。

 

今使っている鍵は大丈夫?

みなさんがお使いの鍵は、両側にギザギザがついていませんか?それならば「ディスクシリンダー錠」や「ロータリーディスクシリンダー錠」かもしれません。それらの鍵はピッキングに対して弱く、空き巣が入りやすい鍵です。 空き巣被害に合わないためにも、安全な鍵に交換することをおすすめします。

 

ドアの鍵を交換しよう

ドアの鍵を交換しよう

 

では、従来の鍵からどのような鍵に交換すればよいのでしょうか?

 

防犯性の高い鍵とは?

鍵にギザギザがない、「ディンプルシリンダー錠」や「「マグネットタンブラーシリンダー錠」は、従来の鍵に比べてピッキングに強い鍵です。また「キーレスロック錠」は、鍵そのものがいらないため、カギ紛失のリスクもなくなり、より防犯性に優れているといえます。鍵を変えるなら、このような鍵に交換することをおすすめします。

 

鍵の交換を自分でする

自分で鍵を交換する場合のやり方を見ていきましょう。まず、今使っている鍵のメーカー、型番と形を確認しておきます。

 

用意するもの:シリンダー(鍵穴)、ドライバー(プラスとマイナス)

 

鍵の交換の仕方は以下の通りです。

 

  • 1.ドライバーを使って、今ついているシリンダーを外す。
  • 2.ドアの側面についているネジをドライバーで外す。
  • 3.シリンダーを固定するピンを、ドライバーで外す。
  • 4.シリンダーを交換する
  •  

    自分で交換するときの費用の相場は、数千円~数万円です。費用は業者に頼むより安く抑えることができるので、普段からDIYに慣れている方はチャレンジしやすいかと思います。また、鍵の交換をしたことがない方も、ドライバーを使うだけの作業なので、DIYの中では簡単な作業だと言われています。

     

    自分で交換するメリット・デメリット

    自分で交換するデメリットとしては、間違った部品を買ってしまう可能性があるということです。買ってからドアに取り付けられないと、その分の代金が損失になってしまいます。また、取り付け方を間違えてしまうと、故障など鍵の機能自体を低下させかねません。家のドアの鍵は部屋の中の鍵とは用途が違うため、間違って取り付けたりすると防犯上のリスクが大きくなります。自分で交換する場合は、鍵の型番などをよく調べてから計画的に行いましょう。

     

    ドアの鍵の交換費用について

    ドアの鍵の交換費用について

     

    鍵の交換にかかる費用は、自分で行う場合は鍵本体とシリンダー代金のみです。業者に頼むと作業代金に数千円かかってしまうので、自分でやればその分の料金が節約できます。

     

    種類によって交換費用が違う

    シリンダーの代金は、鍵の種類によって変わってきます。「ディンプルシリンダー」のような防犯性の高い鍵は従来の鍵より高くなりますが、数千円で購入できるようです。鍵の要らない「キーレスロック錠」になると防犯性もさらに高くなるため、数千円~数万円かかります。

     

    特殊な鍵の交換は高い?

    「指紋認証キー」や暗証番号を入力する「電子キー」など、特殊な鍵に交換すると、一般的な鍵に比べて2倍ほどの費用がかかります。これらの料金はあまり公表されていないため、個々の業者に問い合わせるのが早いです。特殊な鍵はセキュリティが高いため、おおよその目安は、数万円~数十万円です。

     

    業者に鍵の交換を依頼する

    業者に鍵の交換をしてもらうメリットは、緊急の場合でもすぐに対応してくれることです。24時間営業の業者も多いため、時間帯を問わず対応してくれるでしょう。日中以外の時間帯に鍵を紛失してしまったときなどは、業者に依頼すると安心です。

     

    デメリットとしては、作業代金がかかることです。また遠方の業者に依頼したときや、時間帯が深夜や早朝になってしまった場合は、別に出張費がかかることがあります。作業を依頼する前に追加料金の有無を確認しておくとよいでしょう。ご自身の状況に見合った交換の仕方をなさることを、おすすめします。

     

    まとめ

    近年のピッキング被害の増加により、鍵も防犯性の高いものが使われるようになってきています。一方、従来のピッキングに弱い鍵もいまだに多くの住宅で使われているのが現状です。

     

    家の鍵は、空き巣から大事なわが家を守ってくれる大切なものです。今お使いの鍵がセキュリティに弱いのであれば、最低限ピッキングに強いといわれる鍵へ交換することをおすすめします。防犯性の高いドアの鍵に交換をして、お家のセキュリティを守りましょう。