鍵を紛失したらカギ紛失naviにお任せ!|賃貸の鍵を紛失!鍵を開けるまでの手順と鍵の交換・費用について

*

カギ紛失navi

年間15,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-953

フリーダイヤル0120-949-953

最新情報・レポート

鍵交換・鍵の紛失:8000円~|カギ紛失naviのコラム記事ページです

賃貸の鍵を紛失!鍵を開けるまでの手順と鍵の交換・費用について

賃貸の鍵を紛失!鍵を開けるまでの手順と鍵の交換・費用について

「自宅のアパートに帰って鍵を開けようとしたら、どこにも鍵が見当たらない……!」よくある話かもしれませんが、実際に自分の身に降りかかってしまうと焦ってしまいますよね。

賃貸の鍵をなくしてしまった際は、解錠や交換についてしっかりと知っておかなければなりません。管理会社の許可なしに解錠や交換をおこなうと契約違反になってしまうおそれもあるため、適切な行動を取る必要があるのです。

今回は賃貸の鍵を紛失してお困りのみなさんへ、すぐにわかる鍵開けや鍵交換までの手順をご紹介いたします。ぜひこのコラムを役立てて、鍵トラブルを解決してください。

賃貸物件の鍵を紛失したときに取るべき行動

焦ってばかりいても話は進みません。賃貸の鍵を紛失したときにはまずどう行動すればいいのか、4つのステップにわけて見ていきましょう。

1.まずは落ち着いて鍵を探してみる

「鍵をなくした!」と思ったときこそ、もう一度冷静になって探してみてください。いつもの場所に鍵がなかったとしても、別の場所に紛れ込んでしまっていることもあるかもしれません。まずはカバンの中敷きの下や、ふだん使わないポケット、車の中まで、くまなく探してみましょう。

2.警察に届け出る

身の回りをくまなく探しても鍵がなかった場合、本当に鍵をなくしてしまったと考えてよいでしょう。鍵をどこかに落としてしまったとすると、誰かに鍵がひろわれて悪用されてしまう可能性も否定できません。また、場合によっては誰かに盗まれてしまったということも考えられます。まずは警察に届出を出しておきましょう。

警察に遺失届を出しておけば鍵が手元に戻ってくるかもしれませんし、防犯上のことを考えても、警察にまず相談しておいて間違いはないでしょう。届出は電話連絡のみですぐに受理してもらえます。

3.大家さんや管理会社に連絡する

賃貸で鍵をなくした場合は、鍵業者に連絡する前にまず、大家さんや管理会社にも連絡をする必要があります。ほとんどの管理会社は、無断で修理業者を呼ぶのを禁止しています。

管理会社によってはスペアキーを貸し出してくれたり、提携している鍵業者を手配してくれたりする場合もありますので、一度大家さんや管理会社に連絡して、対応を待ちましょう。

4.鍵業者に連絡し、解錠してもらう

管理会社に確認ができたら、鍵業者に連絡して解錠をおこなってもらってください。また、もし営業時間外などで管理会社に連絡がつかない場合は、やむを得ないということで業者に解錠を頼んでもよいでしょう。

解錠してもらう際は防犯上の関係から、身分証の提示が求められます。解錠の費用相場は5,000円~15,000円といわれておりますが、オートロックの場合はこの相場よりも高くなってしまうかもしれません。あらかじめ概算を確認しておくのもよいでしょう。

賃貸の鍵を紛失したら交換が必要?

賃貸の鍵を紛失したら交換が必要?

鍵を紛失してしまっても、スペアキーや業者を使えば開けられるから問題ない……なんてことは決してありません。鍵を紛失した際には、かならず交換をしておくべきなのです。

鍵を交換する必要性

鍵はいわずもがな、非常に大切なもの。それが家の鍵となればなおさらです。鍵は悪用される可能性も高いもので、不審者の手に鍵が渡ってしまうことで、犯罪に巻き込まれてしまうこともあるかもしれません。

そうなる前に鍵を交換して、不審者の手に渡った鍵を無力化する必要があるのです。また、これを機にさらに防犯性の高い鍵を取り付けるのもよいかもしれません。鍵が開いたところで安心はせず、対策をしっかりと考えていきましょう。

無断での鍵交換は厳禁

鍵を紛失してしまった際はすぐに交換をするべきですが、賃貸に住んでいる場合は、まず管理会社に相談をしなければなりません。ほとんどの管理会社では、鍵を無断で交換するのは禁止としています。

管理会社と連絡がつかず、やむを得ずに業者を呼んだとしても、鍵の交換までは依頼せず、あくまで解錠だけをおこないましょう。その後、業者に解錠してもらった旨を管理会社にかならず報告してください。

また、交換をすることになった場合も、賃貸には原状復帰の義務があるため、交換前のシリンダーなどは保管しておくとよいでしょう。もし無断で鍵を交換してしまうと、契約違反とみなされることもあります。余計なトラブルは起こさないように気をつけましょう。

鍵の交換費用は誰が負担するの?

基本的に、賃貸の施設に関する修繕費用は貸主が負担するものです。そのため、管理会社では各修理業者と提携していることも多く、何か問題があった場合は管理会社のほうで業者を手配し、費用を払うケースが多くあります。

しかし、鍵の紛失の場合は入居者に過失があるとみなされ、交換費用を負担することになってしまうかもしれません。契約内容にもよるところですので、一度管理会社や大家さんとよく相談する必要があります。

鍵の交換にかかる費用相場

賃貸で鍵を紛失した場合、入居者の過失として交換費用を負担することになってしまうケースも少なくありません。鍵を交換する際は、どれほどの費用がかかるものなのでしょうか。

鍵交換の費用相場

鍵の交換費用は、採用されている鍵によって相場が異なります。いくつかの鍵を例に相場を見ていきましょう。

・シリンダーキー(10,000円~15,000円)

日本ではおそらくもっとも一般的な、ギザギザした形状が特徴の鍵です。最近ではもっと防犯性能の高い鍵が広まってきたことから、新しく採用されることは少なくなっていますが、まだまだ使用される場面の多い鍵です。シリンダーキーの中でもさらに種類があり、細かい違いはあるものの、交換費用はほかよりも比較的安く済むでしょう。

・ディンプルキー(15,000円~25,000円)

表面の細かいくぼみが特徴の鍵です。シリンダーキーの一種ではありますが、ほかのシリンダーキーよりも複雑な構造になっている分、圧倒的にピッキングに強くなっています。また、近年広く採用されていることから、通常のシリンダーキーとはわけて分類されることが多い鍵です。

ただし、構造が少し複雑な分、交換の費用が少々高くついてしまうことが多いでしょう。最近の賃貸では、このディンプルキーが主流になっているようです。

・プッシュプル錠(18,000円~38,000円)

ドアハンドルの形状によっても値段は異なります。とくに費用に違いが出てしまうのが、このプッシュプル錠です。ドアの開け閉めの際に縦長のハンドルを押し引きすることで開ける錠前となっており、通常のドアノブなどに負けず劣らず、見かけることも珍しくありません。

こちらは通常のシリンダーキーの場合は18,000円~22,000円、ディンプルキーが採用されている場合は26,000円~38,000円の費用が相場とされています。また、ハンドルの上下でふたつ鍵穴が取り付けられていることもあり、両方の交換となるとさらに費用がかさんでしまうかもしれません。

・カードキー(10,000円~12,000円)

近年広まりつつあるのが、磁気カードでできたカードキーです。一見通常の鍵よりもハイテクで交換費用も高そうに見えますが、場合によってはシリンダーキーよりも安く交換できるようです。ただし、オートロックなどの機構と連動している場合は、数万円の費用に跳ね上がることもあります。

マンションなら高額になることも?

同じ賃貸でも、アパートではなくマンションで鍵を紛失したら費用には気をつけなければならないかもしれません。最近のマンションでは、防犯を目的にオートロックが採用されていることも少なくありません。

普段使用する分には心強いオートロックですが、鍵交換の費用相場は20,000円~40,000円となっています。さらに、自分の部屋だけの費用で済めばいいほうで、マンションによってはエントランスなど、ほかの扉ともオートロックが連動してしまっていることもあります。

そうなると、ひとりの鍵紛失ですべての部屋の鍵を交換する必要が出てしまい、高額な費用を請求されるケースもあるのです。全部屋の鍵交換を求められるのは非常にまれなケースですが、そういった可能性があることは覚えておきましょう。

保険が使えるか確認しよう!

通常、トラブルを回避するために、賃貸の入居者には保険の加入をすすめられます。その中には鍵の紛失に適用できる保険もあるため、一度保険が使えるかどうかも確認しておきましょう。

「火災保険」は、火災を中心に住宅のさまざまな問題に対応できる保険として知られますが、鍵の紛失の被害にも対応できる場合があります。鍵を解錠する際や、不審者の盗難被害に対応するために鍵交換をする際に適用できるかもしれません。

また、鍵を他人に壊されてしまった場合は、「家財保険」が適用できるかもしれません。これらの保険は入居時にセットで知らぬ間に加入しているケースもあるので、一度よく確認してみましょう。

以上ふたつの保険が鍵紛失に対応できる保険ですが、基本的に保険の重複はできず、どちらも適用される場合でも一方の保険しか利用できないことがほとんどです。また、交換や修理にかかった費用以上の保険金は受け取れませんので、こちらも注意しておきましょう。

鍵の交換はどこに依頼すればいいの?

鍵の交換はどこに依頼すればいいの?

管理会社や大家さんと相談した結果、鍵の交換を自分で依頼することになる場合もあるかもしれません。しかし、いきなりそんなことをいわれても、どこに依頼をすればわからないという方がほとんどでしょう。こちらでは、鍵交換を依頼する際のポイントをご紹介します。

鍵交換は鍵業者に依頼しよう!

当たり前といえば当たり前な話ですが、鍵交換は鍵業者に依頼をしましょう。鍵の交換はとくに資格は必要ないため、手順を覚えれば自分でもできてしまう作業です。そのため、道具を買って自分で交換をしようとする方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、自分で交換する場合は、取り付けようとしている鍵が本当に家のドアに合っているものなのかをよく確認しなければなりません。鍵のメーカーや種類が噛み合わなかった場合、せっかく買った鍵が無駄になってしまいます。また、雑に錠前を扱っていると、細かい部品を紛失してしまったり、錠前周辺のドア自体を壊してしまったりするかもしれません。

業者に依頼すれば、見慣れない鍵のメーカーから自分で部品を選ぶ必要はありませんし、プロの技術で丁寧に作業をしてもらえます。また、「費用を抑えたい」「もっと性能のよい鍵にしたい」などの相談にも応じてもらえることでしょう。

プロに依頼すれば、作業は早くて15分で完了します。自分で調べながら慣れない作業をするよりも、ずっと手軽で早く問題を解決することができるでしょう。

鍵業者を選ぶポイント

鍵業者を選ぶ際、まずは店舗の位置や、連絡のしやすさを基準にするとよいかもしれません。すぐに連絡がついて、なるべく近くの位置から駆けつけてもらえるのは、対応の速さや安心感につながります。

また、近くて対応の速い業者であれば、交換後のアフターケアにもすぐに対応してもらえることでしょう。また、ネットなどの口コミが見られれば、そちらを参考にしてみるのもよいかもしれません。連絡しやすくて、対応が誠実な業者を選んでください。

まずは見積り依頼から!

鍵交換にかかる料金は業者によって設定金額が異なります。また、交換する鍵の種類や状況にもよって金額は変動するため、具体的にいくら費用がかかるかは見積りを取って確認しましょう。

多くの業者では、料金見積りを無料で承っています。また、直接業者の方と顔をあわせて話すことになるため、そこでの対応に違和感を感じたら別の業者を考えることもできるでしょう。しっかりと納得できる料金を提示する業者を選びましょう。

鍵を失くさないための対策4つ

鍵をなくした際の対応も大事なことですが、そもそも鍵をなくさないようにしておくのもまた大事なことです。また鍵をなくしてしまわないよう、ここでは4つの対策を提案させていただきます。

1.キーホルダーを工夫する

鍵にキーホルダーをつけておくのは、紛失防止に非常に大きな効果を発揮します。大きくて目立つものをつけたり、伸びるタイプのものをつけて腰にぶら下げたりしておくのもよいかもしれません。また、落としたら音ですぐにわかるよう、金属製のものやアクリル製のものなどをつけておくのもよいでしょう。

2.鍵を置く場所を決めておく

家の中で鍵が見当たらないことが多い……という方も意外と多いのではないでしょうか。家の中での紛失防止のため、鍵を置く場所を決めておいて、かならずそこへ置くように心がけましょう。また、外にいるときも、カバンの決まったポケットに入れておくなどしまう場所を決めておけば、鍵が見当たらなくて焦るということもなくなるはずです。

3.鍵を複製しておく

もしもの時もすぐに解錠できるように、合鍵を作って用意しておくのも大事なことです。ポストの内側などに合鍵を置いておけばいざというときに活用することができるでしょう。ただし、この合鍵を不審者に利用されてしまうおそれもありますので、注意しておかなければなりません。

4.紛失防止タグをつける

最近では、スマホと連動して落としたことを知らせる、紛失防止タグというものが市販されています。スマホとタグの距離が一定以上離れると通知するもので、これを鍵に取り付けておくことで、もし落としてしまってもその場ですぐに気がつくことができるでしょう。GPS機能がついたものもありますので、ぜひ活用するのをおすすめします。

まとめ

鍵を紛失した際は、まず冷静にもう一度身の回りを確認してください。それでも見当たない場合は、警察に遺失届を出しましょう。

賃貸の場合は、業者に解錠や交換を依頼する前に、大家さんや管理会社に連絡を入れる必要があります。無断で鍵を交換するのは禁止されている場合がほとんどなので、余計なトラブルを引き起こさないように気をつけましょう。

紛失してしまった鍵は悪用されてしまう危険性もあるため、交換が必要になります。自分で業者を手配して交換を依頼することになった場合は、素早く誠実に対応し、納得できる料金を提示する業者を選ぶようにしてください。

評価はまだありません。
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。