鍵を紛失したらカギ紛失naviにお任せ!|スーツケースの鍵を紛失してしまったときの対処法とは

*

カギ紛失navi

年間15,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-953

フリーダイヤル0120-949-953

最新情報・レポート

鍵交換・鍵の紛失:8400円~|カギ紛失naviのコラム記事ページです

スーツケースの鍵を紛失してしまったときの対処法とは

スーツケースの鍵を紛失してしまったときの対処法とは

旅行や出張の際に必要不可欠なスーツケース。仕事の書類やお気に入りの洋服、旅行先で購入したお土産など大事なものを入れて持ち運びます。もし出張先や旅行先でスーツケースの鍵をなくしてしまうと、とても困ってしまいますよね。

自分で無理やり鍵を開けようとすると、鍵穴を破損するなどして状況が悪化してしまうこともあります。そんな状況を避けるためにも、鍵を紛失したときの正しい対処法をしっかりと理解しておきましょう。今回は、スーツケースの種類や鍵のタイプを解説し、紛失時の対処法についてもご紹介していきます。

 

 

最近耳にする「TSAロック」とは?

「TSA」はアメリカの運輸保安局「Transportation Security Administration」を差します。TSAロックとは運輸保安局に認可された鍵のシステムのことで、TSAロックを採用していれば鍵をかけたままスーツケースを預けることができるのです。

なかには「荷物に鍵をかけてから預けるのが普通なのでは?」と疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。アメリカは、2001年に同時多発テロが起きてから、空港のセキュリティチェックがとても厳重になりました。爆発物や危険物の持ち込みを防止するために、TSAの職員が預け荷物の中身をチェックしているのです。

もしスーツケースがロックされていると、鍵を壊すなどして解錠されてしまいます。買ったばかりのスーツケースが破壊されても、カバンから中身が飛び出して大事なものを紛失しても、抗議することはできません。なぜなら、「TSAの職員は責任を負う必要がない」と国のルールで定められているからです。

そのため、空港で荷物を預ける前に「ロックは必ず解除してください」と声を掛けられます。たとえば、ハワイやグアムへの旅行で荷物が増え、スーツケースがパンパンになっているときは要注意です。その状態で鍵を開けたまま預けると、運ばれる途中で中身がどこかに紛れてしまう可能性があるのです。

そのときのために登場したのがTSAロックを採用したスーツケースやスーツケースベルトです。このTSAロックは、専門の職員が操作して解錠・施錠をすることができるため、鍵をかけた状態で荷物を預けることができるのです。すでにTSAロック以外のスーツケースを買ってしまった場合は、TSAロック付きのスーツケースベルトを使用するとよいでしょう。

スーツケースに使用される鍵の種類

スーツケースに使用される鍵の種類

スーツケースにはフレームタイプとファスナータイプのものがあり、鍵の種類もそのタイプによって異なります。スーツケースがフレームタイプの場合は、シリンダー、マグネット、ダイヤル、カードロックの主に4種類があります。シリンダーロックは家の鍵と同じように鍵穴に鍵を差しこんで解錠します。

マグネットロックは、シリンダーロック同様に鍵を回して解錠・施錠をおこないます。しかし鍵穴は付いておらず、フレームの窪みの部分に鍵を合わせて回す仕組みになっています。防犯面では「ピッキングされにくい」という強みを持っています。

ダイヤルロックはスーツケースに付いているダイヤルを回して暗証番号を設定し、施錠・解錠をするタイプです。自分の好きな番号に設定できますが、番号を忘れたり、ふとした瞬間に数字がリセットされて、暗証番号がわからなくなったりしてしまうことがあります。カードロックは開閉時にスーツケース専用のカードを使用します。

ファスナータイプは、フレームタイプのスーツケースに比べて鍵の種類はありません。使用するのは南京錠です。ファスナーの引手部分に南京錠をかけてロックをします。南京錠には鍵を差しこむシリンダータイプと、ダイヤル式のタイプがあります。

種類ごとによって異なる対処法

先ほど鍵の種類についてご紹介しましたが、鍵の種類によって対処方法も異なります。ファスナータイプのスーツケースの場合、実は自分でも簡単に開けることができるのです。引手同士をつないでいる南京錠ではなく、ファスナー部分に注目しましょう。

まず、ボールペンの先をファスナーのかみ合っている隙間に入れます。その後は、少しずつ左右に動かしてファスナーを開いていきます。無理に引っ張ったり、急いで一気に開いたりはしないでください。引手の位置を自由に動かせるものであれば、スーツケースを開いた後も元に戻すことができます。

シリンダータイプの鍵を紛失してしまった場合はピッキングをしなければ鍵を開けるのは難しいです。ヘアピンやワイヤーを使った方法もありますが、自分で開けようとしてさらに状況を悪化させてしまったら大変です。緊急の場合でも無理に開けようとするのはやめておきましょう。

ダイヤル式ロックは、「設定したはずの暗証番号に合わせても開かない」というトラブルが時折あります。その場合に考えられるのは、意図せずに暗証番号を変更してしまったということ。まずは落ち着いて、設定していた暗証番号の前後1つか2つずつ数字をずらしながら開錠できるか試してみましょう。

自分で解錠できない場合には業者へ依頼しよう

自分で解錠できない場合には業者へ依頼しよう

もし、「どうしても自分で解錠できない」「明日出発しなければならない」という場合は業者に連絡して鍵開けしてもらうことをおすすめします。自分でなんとかしたいと思っても、無理やりこじ開けるのは危険です。対処方法を誤ると鍵穴が壊れてしまい、業者を呼んでも作業時間が長くなることがあるのです。

また、シリンダーキーやマグネットタイプの鍵を紛失した場合は、鍵が別の人の手元に渡っている可能性があります。業者に依頼すれば、解錠してもらった後に鍵交換を依頼することもできます。

もし自分でスーツケースを開けることができても、鍵が見つからない場合はスペアキーが必要になります。自分で開けようとしてあれこれ手間をかけるよりも、業者に依頼したほうが的確で効率的です。

鍵の専門業者は全国さまざまな場所にいるため、空港のインフォメーションに確認したりスマートフォンで調べたりすれば簡単に見つけられます。24時間対応できる業者もいるため、緊急の場合でも安心です。

まとめ

最近は防犯性の高い鍵やTSAロックなどの特殊な鍵を採用したスーツケースが販売されています。シリンダーロックやマグネット式の鍵などは、うっかり紛失してしまわないようにキーホルダーを付けたり、決まった場所に保管するなどの対策をしておきましょう。

もし鍵を紛失してしまった場合は、今回ご紹介した方法を試してみてください。どうしても解錠できない場合は業者に依頼しましょう。ダイヤルロックの桁数が多いものや複雑な構造の鍵穴などは、業者に任せたほうが早く解決できます。困ったときは無理やり開けようとせず、プロに相談してみましょう。