鍵を紛失したらカギ紛失naviにお任せ!|高性能な鍵の欠点

*

カギ紛失navi

年間15,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-953

フリーダイヤル0120-949-953

最新情報・レポート

鍵交換・鍵の紛失:8400円~|カギ紛失naviのコラム記事ページです

高性能な鍵の欠点

防犯において重要な鍵は、高性能な物のほうが望ましいでしょう。実際に、従来のディスクシリンダー錠は減少しつつあり、高性能なディンプルキーの普及が進んでいるようです。
しかし、高性能な鍵には意外な欠点があるようです。鍵交換を行う際は、それについてもよく覚えておいたほうがよろしいでしょう。

まず、鍵屋によっては対応出来ないという点です。非常に精密性の高いディンプルキーや、ICチップが収納されているイモビライザーキーなどは、高性能故に対応出来ない事があるのです。ディンプルキーならば専用の機械が無ければ作れませんし、イモビライザーキー形状だけでなくは自動車と鍵のIDをあわせる必要があります。
また、鍵の種類によっては登録制を設けている事があります。メーカー登録制の鍵は勝手に合鍵を作る事ができず、もしも合鍵が必要になった場合、メーカーに発注して取り寄せる事になります。当然時間がかかってしまい、鍵が届くまで二週間近くかかることも珍しくありません。

高性能の鍵は防犯性や利便性が高い反面、不自由な点が多いのです。もしも、高性能な鍵への鍵交換をお考えでしたら、まずは鍵屋にご相談されてはいかがでしょうか。鍵の選択に知恵を貸してくれるかもしれません。