鍵を紛失したらカギ紛失naviにお任せ!|防犯のために新しい鍵を

*

カギ紛失navi

年間15,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-953

フリーダイヤル0120-949-953

最新情報・レポート

鍵交換・鍵の紛失:8400円~|カギ紛失naviのコラム記事ページです

防犯のために新しい鍵を

賃貸物件へ引っ越しをしたとき、鍵を新しいものに取り換えている方は多いと思います。また、鍵を紛失した場合も誰かに拾われて家に入られる可能性を考えて鍵交換をするでしょう。
では、引っ越しもしていないし、鍵も無くしたなど鍵のトラブルがない場合は鍵を取り換える必要はないのでしょうか?
古いタイプの鍵はピッキングをして、簡単に開いてしまうものも多くなります。また、鍵を無くしていなくても、誰かが気づかないうちに合鍵を作製していたら簡単に家に入られてしまいます。
防犯性の高い鍵はディンプルキーと言われています。ディンプルキーは従来の鍵と形が違い、丸いくぼみが複数あります。このくぼみを利用して鍵をかけるので、これまでのピッキングでは開けられなくなっています。従来の鍵よりも複雑になっていて、シリンダー内のピンと呼ばれる部品が上下だけでなく、横や斜めにも追加されていています。ピンの本数は防犯性能に直結していて、数が増えることで開錠が難しくなるといわれています。
また、複製も簡単にはできないようになっているので、他人が合鍵を作成するのが難しくなります。
現在では認知度も上がって、これまでのディスクキーと呼ばれるギザギザのタイプの鍵は減ってきているようです。
また、ディスクキーでも、鍵を二つにすることでピッキングにかかる時間は2倍になります。開けるのに時間がかかればその分気づかれやすくなるので、侵入者が狙いにくくなると言われています。
自宅の防犯がきちんとできているか気になっている方は鍵を見直してみてはいかがでしょうか。