鍵を紛失したらカギ紛失naviにお任せ!|鍵をなくす人の特徴

*

カギ紛失navi

年間15,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-953

フリーダイヤル0120-949-953

最新情報・レポート

鍵交換・鍵の紛失:8400円~|カギ紛失naviのコラム記事ページです

鍵をなくす人の特徴

皆さまは鍵をなくしたことがありますでしょうか。鍵をなくしてしまい、他にあける手段がなければ、鍵屋さんに鍵開けを依頼したり、用心のために鍵交換を行う方もいます。では、なぜ鍵はなくなってしまうのでしょうか。鍵は勝手になくなるわけではなく、落としたり、取られたり、どこにあるのかわからなくなるのがほとんどです。今回は、鍵をよくなくしてしまう方の特徴と対策をご紹介します。鍵をなくす人の多くは、鍵を保管する場所がいつも違います。外出先では、上着やズボン、胸ポケット、カバンと入れておく場所が異なっていることが多く、たまたま上着に入れていて、上着を着たり、脱いだりするときなどに落としてしまうなどが考えられます。例えば、いつも上着に入れておく癖をつければ、上着の扱いが変わり、鍵を落としづらくなると思われますし、あちらこちらを探す必要もなくなるでしょう。家にいるときも置く場所を決めていない人は、無意識のうちに置いてしまうことが多く、玄関先に置いたり、ベッドに投げる人もいるでしょう。そうした行動は「あれ、どこに置いたっけ?」に繋がることになり、結果的に探す必要が生まれ、最悪見つからないことになります。ですから、家に帰ったら、何かを始める前にまず、鍵を定位置に置きましょう。そうすることで、習慣づき、なくすことも少なくなるでしょう。いかがでしたでしょうか、普段から意識して、鍵の定位置を決め、なくさないように心がけましょう。