鍵を紛失したらカギ紛失naviにお任せ!|無締りは絶対に避ける

*

カギ紛失navi

年間15,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-953

フリーダイヤル0120-949-953

最新情報・レポート

鍵交換・鍵の紛失:8400円~|カギ紛失naviのコラム記事ページです

無締りは絶対に避ける

鍵紛失は、いつでもどこでも発生する恐れがあります。もしも屋外で鍵を失くしてしまった場合、自宅に入ることさえできなくなってしまいます。そのため、この場合は鍵屋に依頼して鍵開けなり、鍵交換なりしてもらう事になります。
しかし、屋内で鍵を失くした場合はどうでしょうか。とりあえず屋外と行き来する事はできますが、外から鍵を締める事はできません。そのため、外出中は無防備になってしまいます。もしもエントランスがオートロックの集合住宅や、高層階などに暮らしていますと、「少しの間なら問題無いだろう」と高をくくり、無締りのままで掛ける事があるかもしれません。しかし、それは絶対に避けるようにしてください。

オートロックになっていても、他の入居者に紛れて侵入することは可能です。また、塀や庭木を登ったり、隣の建物から侵入してくるというケースもあります。無締りによる空き巣の侵入は約4割に達しており、それはマンションの高層階でも変わりません。むしろ、その隙を空き巣に突かれてしまう事があるのです。
屋内で鍵を失くした場合、隅々まで探せば見つかる事も多いです。それでも見つからなかったという場合は、合鍵を作ってもらうなり、鍵交換をしてもらうなりしたほうがよろしいでしょう。くれぐれも、何も対策しないということだけは避けるようにしてください。