鍵を紛失したらカギ紛失naviにお任せ!|子どもに鍵を持たせるときの注意点

*

カギ紛失navi

年間15,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-953

フリーダイヤル0120-949-953

最新情報・レポート

鍵交換・鍵の紛失:8400円~|カギ紛失naviのコラム記事ページです

子どもに鍵を持たせるときの注意点

鍵を持ち歩くのは、何も大人ばかりではありません。ご家庭によっては、子どもに鍵を持たせているケースも多いでしょう。特に近年は女性の働き方の変化なども影響し、夫婦共働きということも珍しくありません。加えて核家族化も進み、ご自宅に誰もいないということも多いでしょう。そのような場合は子どもが自分で鍵の解錠・施錠をする事になりますが、子どもならではの鍵トラブルも発生しがちです。子どもに鍵を持たせる際は、一層の注意が必要になるでしょう。
まず、鍵の大切さと扱い方をよく教えましょう。鍵を持ったばかりの子どもには、その大切さがまだ理解できていないこともままあります。鍵を貸したり失くしたりを注意するのはもちろん、人に見せびらかすこともしないように注意しましょう。鍵を持っている事を知られてしまうと、不審者に鍵や持ち主の子どもが狙われるケースもあります。また、鍵を開けた瞬間に不審者に襲われるということもあります。鍵を開ける際は周囲を警戒し、開けたらすぐに施錠すると安全でしょう。
また、鍵の持たせ方にも工夫が必要です。まだまだ注意力の未熟な子どもでは、遊んでいるうちに紛失したり、他の荷物ごと置きっ放しになったりということもあります。お勧めの方法としましては、キーホルダーに鍵を付け、そのキーホルダーを服に繋いでポケットに入れましょう。そうする事で外から見えなくなり、紛失のリスクも避けられます。ご家庭の事情から子どもに鍵を持たせる場合は、このような工夫を凝らして安全に使用できるように努めなければならないのです。