鍵を紛失したらカギ紛失naviにお任せ!|ピッキングされにくい鍵を使いましょう

*

カギ紛失navi

年間15,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-953

フリーダイヤル0120-949-953

最新情報・レポート

鍵交換・鍵の紛失:8400円~|カギ紛失naviのコラム記事ページです

ピッキングされにくい鍵を使いましょう

鍵修理や鍵交換に出すときはどのようなタイミングでしょうか? 鍵が壊れた時に鍵の修理や交換に出す方がほとんどだと思います。 それでは、どのような時に壊れてしまうのでしょうか。単純に、落としたり、物理的な圧力で曲がったり折れたりしてしまうこともありますが、実は泥棒に入られた鍵穴によって鍵の歯が欠けてしまったり、壊れてしまうということも少なくないのです。 泥棒がピッキングすることによって、鍵を入れる鍵穴は傷つきます。ひどい場合は、鍵穴の形が変わってしまうこともあるほどです。しかも、鍵穴や鍵を傷つけられた上、泥棒が家に侵入してしまったりすると、とても悲惨です。 しかし、考えようによっては、鍵穴を傷つけられても、泥棒が侵入しなかった場合は、その鍵と鍵穴は使命を果たした、と考えることが出来なくもありません。 ですが、絶対に開かない鍵などありません。扉を開けられるまでに時間がかかるか、かからないか、という違いです。しかし、長ければ長いほど、ピッキングしようとしている泥棒は諦めるのです。この時間の長さが大切なポイントです。 泥棒が、家の鍵をピッキングして開けようとしているなら、なるべく時間が掛かるよう、開きにくい鍵を使うことが防犯上、とても重要視されています。