鍵を紛失したらカギ紛失naviにお任せ下さい!|紛失後にするべきこと

*

カギ紛失navi

年間15,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0800-805-7262

フリーダイヤル0800-805-7262

鍵の紛失後にするべきこと

安全安心の家作り

鍵を紛失してしまった後、錠前を交換したけどまだ安心できない・・・
紛失した方も、特に紛失はされていない方も、家の防犯をさらに強化することで、日頃の安心感が増え、心に余裕のある生活を送ることができます。
なぜなら、空き巣の被害は近年でも多く起こっており、その侵入手口も多岐に渡っています。紛失してしまった後、大切な家やものを守るためにもしっかりした防犯をすることに、こしたことはないでしょう。
ここでは、鍵を紛失してしまった後の、具体的な防犯方法についてご紹介します。

ドアの防犯対策

紛失してしまった後は、まずはドアの防犯対策について考えていきましょう。紛失した鍵で不法侵入される可能性があります。紛失したものと同じままだと、空き巣などの被害に遭ってしまうかもしれません!そこで、大切になってくるのが、紛失した後の錠前の強化なのです。
鍵については、ピッキングに強いシリンダーにする、サムターン回し対策をするという対策があげられます。鍵の形や溝を、複雑なものに変えることで、ピッキングに強いシリンダーを作ることができます。サムターンとは、ドアの内側で、鍵を解錠したり施錠したりする際につまむ部分です。針金や特殊な道具を使ってそのサムターンを回して侵入するのがサムターン回しと呼ばれる手口です。
このサムターンを、取り外しが出来るタイプのものにしたり、サムターンについているスイッチを押さなければ回せないといったタイプのものにするだけで、防犯の強化になるでしょう。補助錠を付けることもオススメします。単純に、ピッキングの際に2倍時間がかかってしまうので、泥棒が嫌がって侵入することを諦めます。
バールを使ってドアをこじ開けるといった被害もあります。このような破壊行為に耐えられるように、ドアの材質を丈夫なものにしたり、ガードプレートを付けて、ドアとドア枠の隙間を埋めるといった手段も、有効な防犯対策です。

その他の防犯対策

動くものに反応するセンサーライト、無理矢理ドアを開けようとすると反応する警報ブザーなども防犯対策には非常に有効です。
そして何より一番なのは、ちょっと家を出るくらいでも鍵をしっかり締める、スペアキーを家の周辺に置かない、家の周りに足場になるようなものは置かないといった単純なことを、鍵を紛失してもしてなくても習慣化することです。
こうした対策をとることによって、紛失した後でも空き巣などの被害を防ぐことができます。もしも実際に紛失してしまった場合は、実行することをオススメします。

カギを紛失してしまったら、カギ紛失naviへご相談下さい!

スタッフ待機中!