鍵を紛失したらカギ紛失naviにお任せ下さい!|あなたはどのパターン?

*

カギ紛失navi

年間15,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0800-805-7262

フリーダイヤル0800-805-7262

あなたはどのパターン?

道端で紛失!

しっかりと施錠して、しっかりとキーを持ってお出かけをしたのに、帰ってきたら紛失していた!なんてことはよく耳にする話ですね。
道端に落として紛失してしまった場合、どこで紛失したのか心当たりがあるのなら、すぐに確認をしに行きましょう。そういった場所もなく、出かけた範囲も広過ぎるようであれば、探すのも困難になってきます。
見知らぬ人の手に紛失したキーが渡ってしまった場合の危険性のことも考えて、警察に届け出をして、錠前の交換を行うのが良いでしょう。

ひったくりなどに盗まれて紛失!

ひったくりなどにカバンをとられてカギを紛失してしまったら、まず警察に連絡をしましょう。そのカバンに住所がわかるものなども入っていた場合、ひったくり犯が自宅へ泥棒に入ることも考えられます。警察にパトロールをお願いしましょう。
今後の防犯として、錠前の交換はしておくべきです。また、ひったくりでなくとも、泥棒に空き巣に入られたというケースも考えられます。その場合は、どのように侵入されたのか、警察に調査をしてもらい、今後の防犯対策をしっかりしておきましょう。
ここでも、錠前の交換は必ずしておきましょう。

鍵が折れた

カギが折れて、使えなくなってしまった場合も、紛失と言えるでしょう。
鍵がまわりにくくなってしまって、つい乱暴に扱ってしまったりすると、鍵が折れて紛失してしまう場合があります。折れたものがカギ穴に入ったままの状態ですと、ご自身で処理することは困難です。鍵業者を呼び、取り除いてもらいましょう。
自分でどうにかしようと、錠前を弄ってしまうと、余計にひどくなってしまう可能性が高いので、やめましょう。

カギを紛失してしまったら、カギ紛失naviへご相談下さい!

スタッフ待機中!